0 %

The Pier Times

銀座ソニーパークで開催中のヌーミレパークへお邪魔してきました。

 

 

” #014 ヌーミレパーク(仮) ”とは

 

アーティストの〈King Gnu〉と〈millennium parade〉、
そして彼らのアートワーク等を手掛けるクリエイティブレーベル〈PERIMETRON〉。
目覚ましい活躍を続ける彼らの楽曲やアートワークが、アクティビティとなってGinza Sony Parkに来園!
“工事中(=未完成で仮の状態、途中経過)”をキーワードに作り上げた、
園内全体に広がる“Chaotic” なテーマパーク

 

 

特設サイト gnu-millepark より引用

 

King Gnuさんやmillennium paradeさんの楽曲は

1曲1曲の世界観がとても独特で奥深いことが有名ですが

Ginza Sony Parkに集結したことで

まさに “Chaotic”(=混沌、カオス)に飲み込まれる 圧倒的な世界観でした。

 

以下、会場内で撮影した写真をご紹介します。

 

▲グラフィックTシャツのアーカイブ展示

 

▲▼MVで実際に使用されたprops(小道具)の展示

右下には「飛行艇」のMVで使用された仮面があります。

 

 

▲頭上注意の先には・・・?

 

▲▼king gnu「飛行艇」少年BOYの巨大バルーン

 

 

*造形の紹介ページはこちら

 

▲「飛行艇」のアートワーク

 

▲【MUSIC VIDEO COLLECTION】 無数の小さい画面にMVが映されています

 

▲▼フットペダルを踏むと、画面のMVが切り替わったり、映像にエフェクトがつけられる仕掛けが

 

 

▲【COVER ART COLLECTION】今までの楽曲のアートワークがずらりと並ぶ

 

▲楽曲のMVにCGで登場した車を実際に再現。

 

【illennium parade「Plankton」MV】
0:40~ こちらを見ると分かりますが、バックのGASの文字や、MVの空気感も再現されています

 

 

 

 

▲まさに圧倒的な世界観・・・!呑み込まれます。

 

▲【Fly with me -THE GAME-】

楽曲のティザー映像がまさかのアーケードゲーム化。

本当に下記の動画のゲームが楽しめました!※ゲームは当日受付で抽選に当選した人のみ体験できます

 

 

▲アートワークを担当するアーティスト佐野凛由輔氏によるウォールアート作品。

遠くから見ても、近づいて見ても絵になる、見る人によって ” なにか ” が見えるという作品

 

▲私はクマが見えました

 

▲こちらもMVに登場した映像のマネキン

 

King Gnuやmillennium paradeを知らなくても

充分に楽しめるようになっている本展示。

(事前に展示概要だけでも見ていくと更に楽しめるかもしれません)

 

楽曲の完成度と、展示品の完成度のバランスが良く、

凄まじいクオリティの展示でした。

 

今回、弊社はバルーンの本製作をお手伝いさせていただきましたが

素晴らしい作品の1つに参加させていただけたことに

感動と感謝でいっぱいです。このご縁に感謝です。

 

ヌーミレパークは、来年の1月末まで開催されています。

特設サイトではバーチャルツアーも実施しているので、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか?

 

 

ーイベント概要ー

 

『 #014 ヌーミレパーク(仮 )』

【 開催期間 】2020年10月21日(水) – 2021年1月31日(日) 11:00-19:00

【 会場 】Ginza Sony Park 東京都中央区銀座5-3-1

【 料金 】入場無料(※予約制)

 

イベント特設サイト:gnu-millepark *バーチャルツアーも公開中!

 

King Gnu公式サイト:kinggnu.jp

millennium parade公式サイト:millenniumparade.com

 

ライター:yama

カテゴリ:Column

FOLLOW US!