0 %

The Pier Times

お久しぶりです!そろそろ春めいてきたのが嬉しい千葉です。

 

今年の冬は寒かった…

そう…凍った心に癒しが欲しい…

 

と、いうわけで!

 

今回は癒されるようなゆる~くてカワイイものをご紹介していきます。

 

 

 

 

みなさん、「カナヘイのゆるっとTOWN」というイベントがあったのはご存知でしょうか?

 

池袋サンシャインで行われていた、漫画家・カナヘイさんの展示イベントです。

 

展示内容はカナヘイさんのお仕事現場再現ジオラマやギャラリー、カフェなどがありました。

 

 

 

 

イベント会場にはピスケ&うさぎも遊びに来ていました。

 

中でも気になった展示がゾートロープ(ゾートログラフ)です。

 

 

ゾートロープとは、別名「回転のぞき絵」とも呼ばれています。

静止画を素早く入れ替える事で、あたかも動いているかのように見せる器具。

(画像、説明:Wikipediaより)

 

絵が動いて見えるのはパラパラ漫画のような仕組みをご想像ください。

最近だと、平面以外に立体アニメーションも増えてきているようです。

 

ジブリ美術館に行ったことがある方はご覧になったことがあるのではないでしょうか。

 

それでは、どんなものなのか実際に見ていきましょう!

 

 

 

 

カワイイ…!見てるこっちも表情筋がゆるっとなっちゃいますね~

 

立体でゾートロープを作るのも、色んな方法がありそうですね。

会社を見回すと絵を描けるスタッフがいて、原型師もいて、3Dプリンタもあります。

わたしが小学生だったら夏休みの自由研究で作ってみたかったなあ~なんて思ってましたが、今からでも遅くはない?!

 

以上、ゾートロープについて考えた回でした。

 

 

Writer:千葉

ちば

2018年度で入社3年目になります。髪も伸びました。

中学時代にカナヘイさんのノートやペン持ってたなあ~

カナヘイさん、昔の絵柄も今の絵柄もカラフルで

色あせないところが素敵です。

ライター:千葉

カテゴリ:Column



FOLLOW US!