0 %

The Pier Times

中国出張も残すところあと1日となりました。

 

出張レポートも今回が最後。

 

せっかくなので、南通スタッフに仕事についての思いをインタビューしてみました。

 

 

 

◆まずは南通工場・工場長 通称:愛さん

 

 

――愛さんは日本で3年間の研修をした後、南通工場の創業からいらっしゃるんですよね。南通工場を始めたキッカケはなんだったのですか?

 

ピア21(弊社)の中国工場はね、もともと北京にあったんです。それで、社長からいきなり「工場を北京から南通に移すよ!機械を移す手配もしたから!あとよろしくね!」って連絡があったのがキッカケです(笑)

 

――え?!(笑)

 

今は70人も社員がいますが、当時は5人程度しかいなかったですね。

 

――5人だとより強い絆が生まれそうですね。では、今の工場全体のチームワークについてどう思いますか?

 

チームワークはとても良いと思います。毎日みんなが気持ちよくイキイキ仕事しているように感じますね。

 

――それはどういった点からですか?

 

みんな仕事の時間は熱心に働き、その他の時間は冗談を言ったりして仲が良いからですね。仲良しというより、信頼し合っている雰囲気です。あと、みんなからのどんな相談にものるようにしています。仕事やその他の相談をしやすい環境にすることで、みんな意見を言いやすくなりますし、信頼関係が生まれますよね。

 

――日本で工場長に相談をするなんて、あまり無いですもんね。意見を言いやすくて報連相がしっかりしている環境ですね。

 

南通近郊ではスポーツ用品工場が多いので、今後はウレタン製の跳び箱などスポーツ用品も試作してみたいとおっしゃっていました。

 

 

 

◆次は製作総務 通称:ミンミンさん

 

 

製作総務として、着ぐるみやバルーンなど製作物全体を見ています。

調整する場合や仕様変更する際はスタッフの相談にのることが多いようです。

 

――ミンミンさんと愛さんは創業当時から一緒に働いているんですよね。

日本の本社に研修したときも愛さんと一緒だったんですか?

 

そうです。研修で日本にいた頃に、成人式を迎えました(笑)

 

――それはすごい!

 

(ミンミンさんの机の隣で、愛さんが成人式の時の写真を探している・・・)

愛さん「ミンミンが成人式の時の写真あったよ!」

(と、言いつつミンミンさんが結婚式の時の写真も見せてくれる)

千葉「え?!今と顔変わらないですね?!」

 

成人式から13年も経つんです。日本で研修したのも13年前。本当にあっという間です。

 

――13年も続けられるのは素晴らしいことです。それはやっぱり働いていて楽しいからでしょうかね。働いていて楽しい時はどんなときですか?

 

製品が仕上がって、綺麗に完成できた時ですね。仕上がるまではワクワクしながら待っています。

 

――綺麗に仕上がると嬉しいですもんね。

 

調整してみて、上手く仕上がるかいつもドキドキしますね。綺麗にできるだろうと思いつつ、何度も調整しないと上手くいかない場合もあるので。日本で研修していた時、着ぐるみをたくさん作ったので今もそれが活きている気がします。13年も前の経験がいまだに活きていますね。

 

――やっぱり場数が多いと昔のことも思い出せるのでしょうか。ミンミンさん、ありがとうございました!

 

 

 

 

インタビューの最中、後輩にからかわれていたミンミンさん。

「コラッ!」って言ってるのかな。

後輩からの慕われている様子がうかがえました。

 

 

 

◆最後に、チーフの中ではまだ新人 通称:インインさん

 

 

インインさんは入社3年目。

開発チームを動かしていて、ぬいぐるみやバルーンの担当もしています。

 

――インインさんはまだお若いですよね。一番元気がいいです(笑)大学卒業後、ピアに就職したんですよね?

 

はい。大学で日本語を専攻していたので、それを活かせる仕事が良いと思いました。日本の製作担当と連絡を取ることも仕事の一つなので、大学時代の勉強が活きています。あと、手芸が好きなので今の仕事は楽しいです。

 

――おお!ピアに多い「手芸好き」の一人だったんですね!どんなものを作ることが多いですか?

 

靴下でぬいぐるみ、フェルトでカレンダーなど作ったことがあります。かわいい小物を見るもの作るのも好きなんです。

 

――手先がとっても器用なんですね!では、実際にもの作りの会社に入社してみて感じたことはありますか?

 

雰囲気が良くてとても居心地がいいです。みんな仕事熱心ですが、それ以外だと一緒にふざけあえるのが楽しいですね。仕事のオン・オフがしっかり分かれています。ダンスするときや、みんなとごはんを食べるのが楽しみになっています。

 

――それは大切なことですよね。コミュニケーションが取りやすいんですね。

 

仕事中も自分の意見が通りやすいので、意見を言いやすいです。会議のときも発言しやすいですね。

 

――日本の企業では新人が発言できないという話をよく聞きます。こうした意見を見習って環境を変えていかなくてはいけないですね。

 

 

 

刺繍機もミシンも使えちゃうインインさん。

一番年下なだけあって、社内では妹みたいな可愛い存在です。

 

 

みなさん、インタビューに答えてくださってありがとうございました!

出張中も温かく接してくれてありがとうございました!

 

また来るからね~!

 

 

ちば

Writer:千葉

入社2年目。進行管理チームで主に着ぐるみの製作担当。

次は北欧にも工場ができるといいな~と思っている。

 

ライター:千葉

カテゴリ:Company



FOLLOW US!