0 %

REPORT

 

 

お久しぶりです!製作部の千葉です。

今年はまだまだ酷暑が続きそうですが、みなさん夏バテなど大丈夫でしょうか?

 

 

 

今回は、そんな真夏に開催していた「ジャンプ ビクトリーカーニバル2018」のレポートをお届けします。

 

 

 

ーージャンプ ビクトリーカーニバルとは?

「週刊少年ジャンプ」「Vジャンプ」「最強ジャンプ」の人気3誌がおくる、漫画、ホビー、ゲームの真夏の夢の祭典です。

【公式ホームページ:https://www.shonenjump.com/jvc/

 

 

 

 

 

ルフィ、悟空、ベジータが夢の共演!

悟空とベジータが戦闘中の顔して、ゆる~いルフィを見ている気がしますね。

 

 

 

 

続いて目をひいたのは、各所に設置された大きなバルーン造形。

 

 

 

 

上から、ボルト、ヒロアカ、ワンピース、ドラゴンボールのバルーン。

フォトスポットにもなっていて会場内で目立っていました。

 

 

よく見ると、服のシワや筋肉感など、エアブラシによる塗装で細かく再現されています。

塗装があるかないかで迫力が全然違う気がします。

 

 

 

 

次はゲームブース。

 

 

大人気のゲーム機やカードゲームなどのブースがありました。

 

わたしが小学生の頃はゲームボーイカラーとポケモンカードが出始めの頃だったなあ~

当時のゲームにも夢中になったけど、今のゲームはだいぶ進化しているようです。

 

 

 

 

体験型アトラクションもありました。

ボルダリングの崖登りや

 

ボールをお肉に見立てて、キャラクターにお肉を運ぼう!というピンボール。

 

 

敵と戦う設定のパンチングゲーム。

 

敵キャラのお腹部分(真ん中の赤丸のところ)にパンチをして

時間内に敵を倒せるかというゲームでした。

 

 

小学生くらいの男の子が本気でパンチしたり、中学生くらいの子が少し照れながら遊んでいました。かわいかったなあ。

 

 

バルーン造形はシステムを組み合わせることで、このようなアトラクションとして使うこともできるんですね!

 

 

 

次のジャンプイベントは冬のジャンフェス!そちらも行けたらいいな。

 

 

 

Writer:千葉

ちば

製作部。

ジャンプ読んでました。

ハンターハンターは今でも追ってます。ちなみにハンター試験編が一番好き。

 

 

ライター:千葉

カテゴリ:REPORT

アイテム: バルーン造形



FOLLOW US!