0 %

REPORT

こんにちは!製作部の千葉です。

 

少し間があいてしまいましたが、台湾ランタンフェスティバルの後半レポートをお届けします!

 

前半レポの時点から少し時間が経ち、日が暮れた頃です。

ランタンに綺麗な明かりが灯り始めました。

 

 

「2018 台湾燈會」(台湾ランタンフェスティバル)の文字が。

灯りが点いているランタンを一目見ようと、メインランタンブースはたくさんの人で賑わっていました。

 

 

台湾の基隆市にある寺院「天顕宮」のランタン。

赤くて小さいランタンがたくさん飾ってあってかわいいですね。

ランタンフェスティバルでは寺院の展示物も多く、台湾のみなさんの信仰心が篤いことが伺えます。

日本のようにパワースポットも多いそうです。

 

 

カラフルで大きな鳥のランタン。

男の子と女の子の青い鳥でしょうか。こちらも縁起が良さそう。

 

 

船の上で寝ているお月さまでしょうか。口から何か出ていますね。

隣にいる星はヒトデにも見えるような…?

 

 

軍のキャラクターにも遭遇しました。

人型のバルーンかと思ったら、バルーン製の着ぐるみです。

生地はタフタ(主に洋服の裏地に使用する)みたい。

シャカシャカしている軽いの生地なので、中の人は涼しいかもしれませんね。

 

 

キッズエリアも気になったので立ち寄ってみました。

カラフルなライトがメロン熊とさのまるを照らしていて綺麗ですね!

 

 

夜もキャラクターステージがありました。

暑さが落ち着いてきた頃だったので、昼よりもダンスが軽快でした!

 

 

ミラーボールのようなライトがOKバブリ~

 

 

前後編に分けて台湾ランタンフェスティバルについてお伝えしましたが

いかがでしたか?

 

お店の看板など至る所でキャラクターを見かけたので、台湾の方々もキャラクターが好きなのかもしれません。

美味しい食べ物、明るくて優しい台湾の方々に元気をもらえた旅行でした。

 

我還想再来(また来るね)!

 

Writer:千葉

ちば

製作部。

だいぶ日焼けして帰国しました。

日本の夏が来る前に腕時計焼けしちゃいました。

 

ライター:千葉

カテゴリ:REPORT

アイテム: 着ぐるみ



FOLLOW US!